福岡県にある高認塾では、高卒認定試験に合格したい方のために特化した個別指導を行っています。

高認塾 福岡
メールでのお問い合わせはコチラ
Tel:092-711-0002 9:00~23:00(日祝OK)
高認塾 福岡に電話する
入塾前サポートはこちら

高認塾 福岡 公式ブログ

自己ベスト更新!高認過去問~国語

[ 2010/03/11 ]

昨年11月の試験で、国語は合格点に届かなかった生徒さんの話です。

彼は高1で公立高校を中退、その2年後の今、縁あって?一緒に勉強を始めました。
彼の目標は、大学進学。
その為に高認取得を目指してます。

週に2回の授業、普段は彼の志望学部でウェイトの高い数学・英語を中心に勉強してます。
が、ここ数回、気分転換を兼ねて、国語を勉強。
その結果が、彼の自己最高となる70点オーバー!
本人はびっくりしていたようですが、、、。

授業中の集中力は抜群、毎回宿題もきちんとしてくるし授業の前後の時間も自習を頑張ってます。
建築関係のバイトをしながら、それをここ数ヶ月続けているのだから、(どの教科にせよ)点数が上がって当たり前だと思います。


彼は今、“知る楽しさ”“分かる楽しさ”の真っ只中にいます。
ほとんど読んだことのなかった本も、吉永拓哉さんの『ヤンキー記者、南米を行く』をきっかけに読み始めました。
(今は私のオススメの一冊『初秋』(ロバート・B・パーカー)を読んでます。)
そんな彼と一緒に勉強してると、私もとても楽しく、また、もっともっと私自身頑張ろうと思う日々です。

『どうして分かってくれないの?』なんて

[ 2010/03/08 ]

言わないように、思わないように誓って、早二十数年?
これは今も、これからも守るようにしたいと思っています。

人と人が無条件に分かり合えると思うこと自体が幻想で、
だからこそ、相手を分かろう、相手に分かってもらおうとすることが、人と人の付き合い方の基本だと思っています。



先日、ある少年が「俺の悩みは、誰も分かってくれないに決まってる」と言っていたことを思い出しました。
その後その少年とは疎遠になってしまったのですが、彼は悩みを誰かに話すことができたのか、その悩みを乗り越えられたのか、ずっと気になっています。
そしていつの日か、自分が悩んでいたように他の人も悩んでいるんだと気付き、その誰かの悩みを聞いて分かってあげようとする人になってくれれば、、、と思います。

H22年春期 生徒募集を開始します

[ 2010/03/04 ]

H22年度の高卒認定試験合格を目指す、或いは大学進学を目指す生徒さんを募集開始します。
もちろん、1年以上の計画を立てて勉強を始めようと考えている生徒さんも入塾を受け付けています。

高卒認定を取りたい、大学等へ進学したい、
今までの生活をリ・スタートしたいと熱く想っている人をお待ちしています。


授業等の詳細は、高認塾 PMA Club のホームページ をご覧ください。

PMA Club のホームページ

[ 2010/02/28 ]

高認塾 PMA Club のホームページをリニューアル中です。
教室の写真等を、少しずつですがUPしています。

新年度の生徒募集開始に合わせ、完成させたいと思います。

天は自ら助くる者を助く

[ 2010/02/23 ]

『天は自ら助くる者を助く』

そうなんですよね。
何かを得ようとする・成そうとするならば、きちんと向き合って努力しないといけない。
その結果、例え自力のみでは叶わぬことも、周りからの協力であったり運であったりで達成する事ができる。

サッカーに、「ごっつあんゴール」なんて言葉があります。
ある辞書には、「相手のミスなどでこぼれたボールを押し込むゴールの事」と。
しかし、ただ単にラッキーだっただけなのでしょうか。
否、広いフィールドの中のその場所にいたからこそ生まれたゴールであるはず。
普段からの練習でポジショニングをしている成果なんだと思います。


私は、独力で何かをなせると思えるほど、完成された人ではありません。
周りからの助けや幸運を、大いに必要としています。
だから、一生懸命頑張ろう。


あっ、『棚からぼた餅』ってのもあるけど、それはそれでぼた餅をキャッチする努力は必要ってコトで。

Twitterセミナー開催

[ 2010/02/22 ]

ネットファン山内氏による Twitterセミナーを開催いたします。
2月25日(木)14時~15時半。場所は、PMA Club の自習室。
参加希望の方は、PMA Club (info@oma-club.com)までご連絡を。

他者との出会い

[ 2010/02/19 ]

最近、外国に行ったことで価値観が大きく変わり、人生のリ・スタートをきったという話を聞きました。

他者との出会いは、人を成長させてくれるきっかけの一つだと思います。

『他者』とは、自分とは違うルールを持ち、相容れることができず、しかしそれでも共存しなければならない存在です。

私も、10代の3年間をアメリカで過ごしました。
子供ながらにいろんな文化の一端に触れ、多くを感じることができたように思います。

日本人だって、本当はみんな他者なのですが、日本は文化的に?新しいネーミングをすることで、他者を排除してしまいます。
まるで、共存する必要のない存在であるかのように。
その結果、ますます他者、どころか単に他人との関係を構築することが苦手な人が増えているように思います。

自分と違う価値観を認め、互いを理解しようとすることは、結構エネルギーが要ることだと思います。
だけど、だから楽しいことなんじゃないかと、私は思います。

外国に行かないと、そういった出会いはないのでしょうか?
誰もが海外に気軽に行けるわけじゃありません。

自分の意識をちょこっと変えるだけで、他者との出会いはあるんじゃないかなぁ。
今まで付き合いのなかったタイプの人とも絡んだり、ちょっと行動範囲を広げてみる。
いや、周りをよく見てみるだけでも、新しい気付き、出会いはあるんだと思います。